社員インタビューを更新しました

2022年12月1日

ハイスクールマーヤ主任 / 木村 哲也

人が集まる「上野」に 

「いつか父親を超える、これが私の人生の大きな目標です。」

高校卒業後、父の営む塗装会社で働き始めた木村主任。親子ゆえにぶつかる面もあり、他の世界を見ようと全く違うコールセンターの営業に転職。持ち前の明るさとコミュニケーション力で1位の成績を収めながらも、何かが違うと思った末に友人に誘われ出会った夜の世界。顔と顔を突き合わせ目の前の相手とコミュニケーションを取るお仕事に大きなやりがいを感じたそう。

 

「小さくても、何か目指す目標があってそれを達成することが成長の一歩だと思っています。なので、上司の姿を見る機会が多く、役職も細かく設定されているこの仕事は良いなと思います。」

始めて間近で見る「上司」という存在。自分より数倍広い視野でお客様、キャスト、スタッフ、複数の店舗を管理するその姿は、オーダースーツや高級腕時計に負けないほどかっこいい存在だった。

日々の小さな目標をクリアする中で、憧れの上司から「オーダースーツ作ってみたら?」と言われたその一言は木村副主任にとって昇格よりも嬉しい”認められた証”だった。

インタビュー全文はこちらから。

トップページへ戻る