マイナスイメージを持ちながらの入社

部次長田中一郎

  • #未経験
  • #福利厚生
  • マイナスイメージを持ちながらの入社

    私の個人的な意見ですが、入社する前は夜の業界に対してすごく恐怖感がありました。

    特に男性の場合、お客様や先輩からむちゃぶりをされるんじゃないかなと思っていました。シャンパンペールとバケツみたいなものにテキーラとシャンパンを入れて一気飲み、みたいな。一発芸ができるとか歌がうまいとか、何か一芸がないと難しいと思っていましたね。

    でも実際にプラザエンタープライズ(以下プラザ)に入ってみると全くそんなことはなく、拍子抜けしたくらいです。

    特別な才能よりも、”真面目”、”誠実”といった言葉に当てはまる人がキャストさんからもお客様からも評価されていると感じます。

    教育制度や福利厚生の面を見ても、昼のお仕事よりもしっかりしている会社だと社員一同口をそろえていっています。

    特にコロナ禍の緊急事態宣言中どんな対応をしたのか気になる方も多いと思いますが、2ヵ月間お店が休業している間もしっかりお給料をいただいていました。

    その間会社から求められていたことは自分自身の成長のための勉強や、どうやったら緊急事態宣言が明けたときに休業分を巻き返せるような売り上げを作れるかなどの戦略面の検討でした。

    この対応は世間一般から見ても簡単ではないと思います。そんな恩義があるからこそ、本気で今の営業に臨めています。

    徹底された役職制度

    プラザで仕事をするうえで何よりの特徴は、役職が細分化されていることです。

    各役職に応じて求められるスキルが変わっていますので、現在の役職と役割がダイレクトに分かります。たとえばウェイターさんだったら物の管理ができる、サブマネージャーさんだったら物の管理+ウェイターさんやアルバイトさんの指導ができるといった役割です。

    少しずつ階段をのぼるように仕事が進んでいくので、未経験の方でもまっさらな状態でゼロから学んでいけてスムーズかなと感じます。

    仕事の流れ自体は、昼の業界も夜の業界も同じだと思います。新しいプロジェクトをやりましょうとなったら、いつまでに何が必要で、いつまでにその見積りをとって注文して、と逆算して仕事をしていきますよね。

    夜の業界もそれは変わらなくて、コスプレイベントをやりましょうとなったら、衣装の準備やイベントポスターの作成、女の子の出勤の確保や女の子への連絡など、そんな風に逆算して進めています。

    だから、異業種から転職される方がいてもそこまでギャップはないかなと思います。

    誰でも始められるけど誰でもは上がれない

    先に挙げたように特別な才能は必要のない仕事ですが、上にあがるには貪欲さも必要だと思います。それは好奇心や向上心、勉強熱心であるとか周りの意見をよく聞くとか何事に対しても貪欲であるべきだと思います。

    私自身も、視野を広げることにお金を使うように意識しています。

    元々未経験でこの業界に入ってきて全く右も左もわからない状態だったので、人よりも頑張らなければいけないし、人よりもたくさんの経験をして成長しなければいけないなと思っています。入社して4年半になりますが、まだまだ経験不足だと思い知らされる毎日です。

    また、最近はとくに世の中のトレンドが変わる速度が速いと思っています。ここ数年でもテレワークなど働き方の変化やDXの浸透などがありますよね。

    そんな変化に対応していけるように新しい情報やトレンド、流行っているお店の情報を仕入れて自分のお店に活かしていくようにしています。知らない街にいってみたり、少し高めのホテルにいってホテルマンのサービスを体感したり。ほかには、全く異業種の人と話す機会を設けたり同じような業界に勉強にうかがって「メルマガやLINE配信も有効なんだ」と知ってすぐ自分の店で取り入れた例もあります。

    毎月のイベントを「店長こんな企画やりたいです」と提案して実行するなど、とにかく自ら動く姿勢を大切にしています。

    引越して実感した、福利厚生の充実度

    プラザは、一般企業に負けない福利厚生だと胸を張って言えます。

    私の認識ですが、手元に残るお金の多さが福利厚生の充実度を表していると思います。

    私事ですが先日引っ越しをしました。引っ越しの初期費用は家賃の5倍と言われていますから、家賃10万円とすると引っ越し資金は50万円、結構な大金ですよね。

    そこで本社に相談したところ、40万円の引っ越し祝い金をいただくことができました。これは特に若手からすると大変ありがたい補助だと思います。

    それから医療費、私はプラザに入ってから病院代が1円もかかっていません。風邪、怪我、インフルエンザの予防接種など全て併せてです。

    保険治療関係する費用は、領収書を提出すれば全て会社が支払ってくれます。それまで全く通っていなかった歯の治療を始める方もいましたね(笑)

    他にも結婚お祝い金が10万円、出産祝い金が5万円などさまざまな福利厚生が用意されています。

    金銭面以外には、即日入居できるマンション寮完備も大きな利点だと思います。

    実際寮を見にいったのですが、プラザが建てた新築マンションでしっかりと個室でしたからプライベートもセキュリティも確保できます。キッチンも寮とは思えないほどしっかりしているいいマンションでした。

    過酷な状況で気付いたプラザの強さ

    私のいる『クイーンズクラブ』はコロナ前と比較して売り上げが約3倍になっています。

    プラザのもつ資本力と体力を最大限に活用した戦略で成し遂げた結果だと誇りに思っています。

    一番大きな要因は出勤を絶対に削らず出し続けたことです。むしろ増やし続けようと強気な気持ちでいました。

    コロナが始まってどのお店も、「お客様が少ないから出勤出しても赤字になっちゃうよね」と出勤を削っていったんですね。

    しかし、お客様の目線になると、いざキャバクラにいこうと思った時に女の子がたくさんいるお店と女の子が少ないお店、どちらが魅力的かといったらやはり女の子がたくさんいるお店の方がいいと思うんです。

    結果的に「ほかのお店で女の子が全然いなかった」とお客様がうちに流れてきて、緊急事態宣言や蔓延防止措置が明けた今でも来店し続けてくださり売り上げが安定する形になりました

    ほかにもそんな強みが活きた場面があります。プラザは本社内にデザイン事務所があり、ここが特に優秀なんです。

    夜の業界はよくイベントを開催しているので、その度にポスターを作成したり女の子によっては気に入った衣装で名刺を作り直したりしています。

    他社では撮影やデザインを都度外部に依頼している場合もあると思うのですが、プラザの場合は社内で依頼ができるので、外部に依頼したら一週間かかるようなものが、翌日に仕上がってくるんです。私からすると本当に、外部向けに受注した方がいいんじゃないか?と思うくらいレベルの高い仕事をしてくださっています。

    あとは、衣装部や撮影スタジオもあるので、女の子が負担する費用やスタッフが負担する費用もなくイベントを開催できるんです。

    私の目指すプラザの姿

    「夜の業界といったらプラザが一番だよね」と言われるような会社にすることを私の中で一つ大きな夢として掲げています。

    今の時代は、テレワークやソーシャルメディアの発達、あとはウーバーイーツなど新しいサービスが増えて、家にいながら何でもできてしまう時代だと思うんです。

    でも人が人と出会いたいと思う気持ちは絶対なくならないと思います。一人でお酒を飲むよりも、誰かとお酒飲んだ方が楽しいし、ご飯を食べるのも一人で食べるよりも誰かと一緒に食べた方が美味しく感じますよね。

    だからこの業界も絶対になくならないと確信しています。

    そしてプラザを含めて夜の業界全体に対する安心感を増していきたいです。

    この業界ではグレーな部分もまだあって、具体的にいうとお会計の税金やサービス料を取るお店と取らないお店、何が違うんだろうって思いますよね。

    お客様がドリンクを頼む際にドンペリニヨン66,000円で税サ合わせて35%、結局いくらかってすぐ思い浮かべる人はほとんどいないと思います。プラザの場合は最初から90,000円なら90,000円税込みとお伝えしています。お客様は明確な数字が分かってご安心いただけますしお会計のトラブルも減ると思います。

    我々が当たり前のようにおこなっているけれど実はグレーに見えてしまうもの、それを取り払いお客様が楽しみやすくキャストも働きやすい、安心していられる環境を作ることから夜の業界全体がもっともっと拡大していけると考えています。

    インタビュー一覧へ戻る